自分の気持ちを受け止める

こんにちは、伊丹市のライフオーガナイザー®中廣美紗子です。

火曜日に手術を受け、痛みも大分和らいできました😀 ゆっくりですが日常の動作もできるようになり、もう明日には退院です♪

今は切り取った部分を調べていて、それによって今後の治療が決まるらしいのですが、手術前より気持ちは楽になりました。後は待つしかないな〜 という感じ。

前回の記事を読み返してみると、「この人何が言いたいんだろうな〜🙄」という感じでとても恥ずかしいのですが、後々振り返った時、この時はしんどかったけど、今はこんなに元気になったよね! と振り返られるように、そのままにしておこうと思います。それにしてもひどい文章。。。

伊丹にある荒巻バラ園のバラ達🌹 

最初に乳がんと診断された時はそれはそれはショックで、先生の説明を「はい、はい」と聞くのが必死でした。先生は「まだしこりも2センチ弱で、初期だからね」と言ってくれるのですが、まあ右から左で😂 看護師さんがさりげなく手渡してくれるティッシュで余計に泣けてきたり・・・

だって42年間生きてきて、人に自信をもって言えるのは健康くらいしかなかったですもん!!

帰り道はとにかく「私が今死んだら、息子は覚えてると思うけど、娘は(4歳)は私の事覚えてないかも(涙)」と、そればっかり考えてました。

乳がんの5年後の生存率って結構高くて、国立がん研究センターのHPによると、ステージⅡでは91%くらいあるそうです。これだけ見ると「じゃあ大丈夫やん」という感じですが、いざ自分が罹患すると、この数字って(医学的には価値があるのかもしれないけど)自分にとっては何の意味も持たないとよくわかりました😢

だって私にとっては0か100しかないんですから。

乳がんは早期発見すれば治ると言われているし、私も検診で発見されて本当にラッキーだったと思います。でも「早期発見でよかったね」という励ましは、告知を受けてすぐの人にはあまり慰めにならないというのが実感です。

私は検査の度に悪い結果で、最初は右側にしこり→そして左側にも小さいけどしこり→CTを受けると結局両胸に2か所ある😨、となると最初は温存でいけるねと言われていた手術方法だけど、やっぱり全摘する? そしたら再建は?と後から後から考える事が出てきてパニックになりました。

そんな時、夫からかけられた「まだ初期やからよかったやん」という慰めの言葉。でも私はその言葉を素直に受け取ることができず全然よくないわ!!と泣きながら絶叫してしまいました。

もちろんそう慰めてくれるのは彼の優しさとわかっています。今だって忙しいのに留守宅を守ってくれていて、本当に感謝しています。もし逆の立場だったら、私も間違いなく「初期でよかったね! きっと治るから!!」と言っていたと思います。

なのでそう励ましてくれる人を非難するつもりなんて全くないのですが・・・

やっぱり一旦は「辛いよね」と受け止めて欲しかった。寄り添うという感じかな。

私も最初は自分自身に対してこう言い聞かせていました。

「早期発見でよかった(自分でも言うてるし😶)!、もっと難病でしんどい人いくらでもいるねんから!!」と。

そう言い聞かせても全然涙は止まらなくて。。。

でも少し冷静になって「本当にそう思ってる??」と自問自答してみたんです。そしたら当たり前ですが「いや、全然よくない! 辛いしかない😔」という答えが(自分から)返ってきました。それからちょっと気持ちが落ち着いてきたような気がします。

乳がんになったことは辛い。手術を受けるのも怖いし、術後の痛みだって嫌。

そして何が1番辛いって、この先の人生「再発するのかな? 転移してるのかな?」と考えながら生きていくのが本当に嫌(>_<)

でも手術を受けないと治ることはない、じゃあどの手術方法を選ぶ? 温存? 全摘?今一番何を優先する?という風に、少しずつ考えることができました。そして最初に書いたように、今は落ち着いた気持ちで手術結果を待つことができています。もちろん結果によっては落ち込むでしょうが・・・

今回の件で、落ち込むことや悩む事があった時は、自分の気持ちに蓋をしたり、なかったり事にするのではなく、一旦受け入れて、そして色々な人の意見を取り入れながらも、結局は自分がどうしたいか??を決める。そしてその結果を行動に移していく。これに尽きるという事を学びました。

自分を俯瞰するという事でしょうか😃(違うかな? というか私は今回できてなかったけど💦)

ミラ・イエに向かって進むしかない❗(久々に出たブログのタイトル😅)

このブログを読んでくれる方がいらっしゃったら、必ず乳がん検診を受けてください! そしてマンモグラフィーと超音波検査(若しくは触診)は必ずセットで。

そしてあなたの大事な人が辛い時は、無理に励ましたりせずに寄り添ってあげてください。きっと気持ちは伝わるはずです。

それではまた🖐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

手術前の気持ち