久々のマンモグラフィー検査

今週は2か月に一度の乳腺科の受診日でした🏥 ちょうど去年の今頃に乳がんが見つかって手術を受けたので、術後約1年が経過。月日が流れが早すぎる💦

 

今回は術後初めてのマンモグラフィー検査。去年の手術前にも受けたし、35歳過ぎてからは2年に1度受けていたのですが…

『こんなに痛かったっけ❗❓

と思うほど痛かったです( ;∀;)

検査前に看護師さんに『術後だから痛いかも』と言われた意味がよくわかりました。術後の痛みはさすがにもうないのですが、違和感はあり、その部分を含めうすーい胸を圧迫されるのは本当に痛かった😭

前はバリウム検査とマンモグラフィー検査を選ぶなら、断然マンモの方が楽だ!! と豪語していたけど、撤回します✋まあバリウム検査はその後もしんどいので、やっぱり同じくらい嫌かな。。。

 

会計待ちの間ぼんやりと掲示板を見てたら、見過ごすことのできないポスターが貼ってありました。2020年度から伊丹市の乳がん検診はマンモグラフィーのみになったとのこと。2019年度に私が市の検診を受けた時は医師の視触診とマンモグラフィー検査がありました。マンモグラフィー検査では何も見つからず、総合診断は異状なしだったけど、先生の『あれ? ちょっとしこりがあるかも』という一言で怖くなって再検査→乳がん発見だった私。あともう数か月検診が遅れていて、マンモのみを受けていたとしたら、多分今でも乳がんに気がついてなかったと思います。胸にしこりがあっても、まあ大丈夫やろうと。。。 そう考えると本当にゾッとします🥶 あの時検診を受けて本当に良かった。

 

コロナで検診を控えてる方、是非検診に行って下さいね。早期発見に勝る薬はないそうです。伊丹市も視触診を復活させて欲しい!!

その後エコー検査もして、とりあえずは術後良好なようなので一安心でした😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です